リアルエステート

不動産の投資・流動化などにより、これまでとは異なる切り口、角度から不動産サービスを提供しております。
九州リースサービスでは不動産に関連し多様化するお客さまのニーズに対応しております。

~ 多様化するニーズに対応 ~

  • 不動産流動化
  • 不動産担保融資
  • 不動産プロジェクト融資(SPC活用)
  • 不動産業者の保証付き提携ローンの開発
不動産流動化とは?

不動産流動化とは、土地や建物などの不動産から生じる賃料収入や売却益を返済・配 当の原資として、特別目的会社(SPC)が社債や優先出資証券等の証券を発行し、 市場・投資家から投融資資金を調達する仕組みのことをいいます。 換価性、流動性の低い不動産を小口の証券の形に分けることで、資金調達が容易にな り、不動産を保有していた企業は、バランスシートから切り離すことが可能となり財 務体質の向上が図れるなどのメリットがあります。

例1)代表的な流動化スキーム

例2)代表的なマンション開発案件スキーム

【SPC】

Special Purpose Companyの略で、特定のプロジェクトから生み出されるキャッシュフ ローを親会社の信用力と切り離すために、プロジェクト単位で設立される会社のこと を言います。

【ノンリコースローン】

融資の対象となる責任財産を対象プロジェクトの収益や資産に限定した融資です。特別目的会社(SPC)が不動産などの担保資産の処分による返済を行った場合、債務が残っていても債務履行を求めません。「不動産ノンリコースローン」の場合、貸主は、不動産価値が下落しても、原則として担保対象不動産以外の資産からの債権回収は行えません。他方で借主は、原則対象不動産の処分等によって得られる価値を超える債務に対する返済義務を負う必要はありません。

当社はノンリコースローンを活用したスキームを組成するアレンジャーとしての役割を果たすとともに案件に応じた形態で融資、出資を行っております。また、従来の不動産担保融資に加え、不動産プロジェクト融資や、不動産業者の保証付き提携ローンの開発などで多様化するニーズに対応しております。

お問い合わせは
不動産営業部
TEL:092-431-2610
FAX:092-475-0943
宅地建物取引業者免許番号
福岡県知事
(9)第8444号